【閉店】『カリケンミコノス』~魅惑の旨味爆発!!!圧巻のスリランカシュリンプを実食☆~

 

カリケンミコノス(201607)01
日本国内でも群を抜いている大阪のスリランカ旋風。
数多くの現地系・創作系スリランカ料理のお店が増え、「ブーム」と言うよりも「シーン」として定着した感すらあります。

こちら日曜ランチのみのカリー研究所『カリケンミコノス』に置いても、その流れはあり、最近はかなりスリランカプレートに特化している感じ。
開店前から行列ができる超人気店になってもーた『カリケン』、久々にお邪魔して参りました(・ω・)ノ


カリケンミコノス(201607)02地下鉄各線 長堀橋駅から南西へ徒歩約3分。
長堀通から南に下る筋の左手側に看板を発見できます。
列は正面入口ではなく、右手のビル1F広場みたいなトコにズラズラとできますのでご注意。
この日もOPEN前からの行列やったみたいで、開店時間に到着してみたら店内満席&待ちが10名ほど。
もう支店出せるんちゃいますん(笑)

カリケンミコノス(201607)03ちなみに今回の内容はこげな感じ。
いやっふー☆オイラの大好きな海老ちゃんきましたよー!!!
その他の惣菜もフレッシュな感じで、夏のカレー活動にバッチシマッチ(^ω^)

ざっくり30分くらいで店内に突入。
いつもの如く普通盛りでオーダーしました(・∀・)


【カリケンミコノス ランチプレート】1,000円
カリケンミコノス(201607)04
もう専門店と言っても遜色の無い圧巻のヴィジュアル。
この時点で旨さを確信してしまいそうです。
漂う香りも半端無いパンチですわい(^^)

カリケンミコノス(201607)05 カリケンミコノス(201607)08
先ずは念願の「スリランカシュリンプ」を。
サラリとしたスープ状のカレーは、具無しでもしっかりと海老の存在が響き渡る抜群の旨味。
そこにバッサリとシャープな辛さとスパイシーさが斬りこんでくる強めの刺激です。
それでいてキリッとした後味でもたつきが無い。
これだけで丼一杯いただきたくなります☆

海老の旨味&辛味のソリッド感がむたくた禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

カリケンミコノス(201607)09 カリケンミコノス(201607)06
お次は定番の「パリップ」
こちらは他店に比べ結構なスパイスの効きで、円やかさの中にもグッと刺激を感じる仕様。
「パリップ」って地味なんですが、この仕上がりの良し悪しでプレートの印象がガラリと変わりますなー。
豆の食感がエエ感じに残ってるのもオイラ的ツボー。

ビシッと1本立ったスパイス感が禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

カリケンミコノス(201607)07様々な副菜類の出来もむちゃくちゃエエやないの。
つーか、スリランカから戻ってから、格段に印象値上がりましたわ。
もう天才かよ。

カリケンミコノス(201607)10
いつもの如く、最後は全部を満遍無く混ぜ合わせるスリランカスタイル。
(一説によると、現地ではそんなに混ぜないという意見もゲフンゲフン)

カリケンミコノス(201607)11しかしやっぱこの形で食べるとむさくさ旨いっすね!!!ホンマ!!!
単体で食べるよりも味の幅が広がる感じで、スプーンを差し込む度に微妙な味の違いを楽しめるのがひっじょーにイイ。
バスマティのパラつき具合がほんま合いますわー。

フュージョン的味の爆発力で猛烈に禿げウマアアアアア!!!Σ(゚Д゚)

いやもーほんま最高。
現地感バリバリなんではなく、日本人の舌に合わせてきている創作的印象。
しかし確実に「なんちゃって感」は皆無な、非常にバランスの取れた逸品です。
こら人気出ますわ。

バチバチに旨いスリランカエビプレートを堪能しました!!!
ご馳走様でした!!!m(_海老_)m


最近あっちゃこっちゃで海老カレー食べますが、何かエビがキテるんですかね(笑)
しかしこの完成度、お世辞抜きで『KALUTARA』の限定「エビカリー」に匹敵するんやなかろーか。
まだまだ底の見えない中尾氏のポテンシャルに今後も楽しみすぎます(^^)

何気に夜の『食堂ミコノス』でもしれっとカレープレートがあったりもするので、日曜に行けない人は狙ってみるのもアリアリですよー(・∀・)


【カリケンミコノス】
ジャンル:エスニック料理
電話:06-6227-8856
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-13-23 大阪屋イルストリート1F
交通手段:地下鉄各線 長堀橋駅から徒歩約3分
営業時間:12:00~15:00(L.O.14:30)※売切れ次第閉店
定休日:月~土曜日
駐車場:無
サイト:無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。