『アアベルカレー+Ghar』~9ヶ月の沈黙を破り大阪最高峰の究極コラボがここに爆誕!!☆~

 


「コラボレーション」
共に働く、協力するの意味で、共演、合作、共同作業、利的協力を指す言葉。
飲食の世界では、主に他店同士が協力してメニューを提供するイベント的要素が強い言葉。
勿論大阪カレーシーンでも様々なコラボイベントが勃発していたり。

そんな中でも、とてつもないコラボが実現してしまいました。
大阪・九条エリアの絶対的エース・不動のセンター『アアベルカレー』
『デリー』にて研鑽をつんだ京町堀の大人気カレー店『CURRY家 Ghar』
この大阪カレー界の至宝とも言える両店がガッチリ手を組みました!!!

構想から約9ヶ月。
予約開始から瞬間でSOLD OUTというこのとんでもねーコラボイベント、がっちり予約して突撃してきました!!!(・∀・)


今回は『アアベルカレー』の店舗にて開催。
地下鉄中央線 九条駅の2番出口から徒歩15歩。
この駅近立地、ほんま最高ですやん。

今回は完全予約制という事で並ぶ必要もナッシング。
とはいえやっぱ早めに来てしまうのがマニアの性というやつ(笑)


時間となり入店しますと、今回の主役方の登場。
いやーこの組み合わせ、ほんま神ってますなー。
既に準備万端のご様子。

オーラ漂うこのお2人。
もう存在感の幅が違いますやんかいさ。

今回の『アアベルカレー+Ghar』のメニューは、この豪勢ラインナップ!!!
こちらの内容がコース仕立てで提供されます。
では早速いただいてみましょー☆


【アアベルカレー+Ghar ターリーディナー】2,500円
先ず提供されたのは「バガラベイガン」「アチャール3種盛り」の一皿。
アチャールはホタルイカ・ホタテ・エノキというラインナップです。
キリッと辛味と酸味の利いた味わいに食材の旨味がプラスされ、其々個性を発揮。
こいつはビールが欲しくなるやーつ。
「バガラベイガン」の仄かな苦味とスパイス感が絶妙なミクスチャーっぷりです。

続きまして「ケララベジシチュー」
カレーというよりはほんまにシチュー的なミルキーさ。
ココナッツミルクの甘味に野菜から出た別感覚の甘味や旨味。
そしてそれらを纏め上げるのが、仄かに聞いたスパイス効果です。


3品目は遂にメインプレートが登場!!!
「イベリコ豚とカシューナッツのマサラ」
「鹿キーマ」
「カツオ風味のダル」
「トマトマリネ」
「紫玉ねぎ・大根・ラディッシュのカチュンバル」
「ビーツのパチャディ」
「スパイスたまご」
「七分づきのギーライス」
「米粉の入ったパパド」
「クルチャ」
カレー・副菜等々10種類が盛り付けられたヴィジュアルは圧巻の一言。

Meets撮りだとその美麗さもまた引き立ちます。
盛り付け方にはどこか『アアベルカレー』っぽさが発揮。

先ずは「イベリコ豚とカシューナッツのマサラ」から。
セミドライに仕上げられた豚バラは、がっつり濃厚なスパイスの主張。
かなりこってり仕上がりの強めの味付けなので、カチュンバルとの相性は抜群。
カシューナッツのカリカリ食感も心地良いアクセントです。

続きまして「カツオ風味のダル」
中央にはちょこんとホタテがのっかってたり。
エエ感じに豆の食感を残したダルは、口に含むとふわっと香るカツオ感。
豆の甘味に旨味がプラスされ、なんとも独特の存在感です。
日本人の感性冴え渡るオリジナリティを発揮してますな(^^)

んでもって「鹿キーマ」
『Ghar』あるあるネタ的に「鹿ヴェニスン」とか付けるかと思いきやストレートでしたね。
ネーミング同様、味わいもストレートに鹿肉独特の旨味と風味が迸る感じ。
横に添えられたトマトマリネの優しい酸味が、ガツン系スパイシーさとマッチ。
シンプル・イズ・ベストな王道キーマといった印象です(^^)


『アアベルカレー』の名物「スパイスたまご」もしっかり存在感出してます。
この程良いスパイスの漬かり具合がむたくた好み!!
黄身のエエ茹で加減も合わさって、カレーの味わいに更なる広がりを見せてくれます。

そしてまだまだ大阪では珍しい「クルチャ」
このふかふかとした食感、ナンとはまた違った楽しみ方ができますね。
ギーが濃厚なナンと違い、サクッとライトにいただけるトコがイイ感じすわー☆

〆のドリンクは「バダムミルク」
所謂「サフランアーモンドミルク」といった飲み物です。
アーモンドのコクがグイグイ利き、優しい甘さがカレー後の口内を癒してくれます。

インドテイストと独創性を織り交ぜた刺激的ターリーを満喫!!!
前菜から始まりドリンクに至るまで、どれも計算し尽された珠玉の出来栄え。
伊達に9ヶ月もの間、練りに練った訳じゃありませんな(笑)
最高のコラボイベントでありました!!!
ご馳走様でした!!!m(_ _)m


「これぞコラボレーション」と言わんばかりの圧巻の一体感。
正に共演・合作という言葉がしっくりくるコースとして完成された内容は、昨今のあいがけ中心なコラボ企画に一石を投じそうです。

大盛況で幕を下ろした今回のコラボ、是非とも第2回を期待します!!!
速攻SOLD OUTやったんで、次回は昼の部・夜の部とか枠を増やしてもらえるとありがたやーですな(・∀・)


【アアベルカレー】
ジャンル:スパイスカレー
電話:非公開
 住所:大阪府大阪市西区九条1-25-9 フジイエステートビル3F
交通手段:地下鉄中央線線 九条駅から徒歩15歩
 営業時間:12:00~15:00(L.O.14:30)
定休日:土曜・日曜・月曜
 駐車場:無
サイト:https://www.facebook.com/aabellcurry/

【CURRY家 Ghar(ガル)】
ジャンル:スパイスカレー
電話:06-6443-6295
住所:大阪府大阪市西区京町堀1-9-10-103
交通手段:地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅から徒歩約6分
 営業時間:11:30~14:30(L.O)
定休日:不定休
 駐車場:無
サイト:http://ghar-curry.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。