『スパイス食堂 サワキチ』~スパイスと痺れの融合!!心斎橋のスパイスバルで複合性咖喱麻婆麺☆~

 


東京でちょっとしたブームになりつつある「麻婆麺」。
関西でも中華屋ではたまに見かけますが、専門店となると余り見掛けないこのメニュー。
そんな麻婆麺を主力武器に置いた「スパイス食堂」という屋号のお店が心斎橋にあるという情報をGET。
どうやら麻婆麺とカレーとスパイス料理、そして生サワーのお店だそうな。

東京ではブームになりつつある麻婆麺を主力に置いた、コチラ『スパイス食堂 サワキチ』に行ってみました(^^)



大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅の3番出口から長堀通を西へ。
3つめの交差点を右折して200m程進みますと、右手に店舗を発見できます。
元々は『Sour de Kitchen』という手作りサワー専門店でしたが、更にスパイシーなアテを強化して現在のスタイルへと移行されたそうな。

あ店内はコンクリ打ちっ放しのCOOLなデザイン。
カウンターとテーブル合わせて20席とイイ感じのキャパですね。
ランチは店長さんお1人で営業されておりました。


<ランチメニュー>
豚骨麻婆麺 800円
咖喱麻婆麺 900円
麻辣麻婆麺 900円
※上記ライス・ドリンク付き

<トッピング>
生卵 +50円
チーズ +50円
パクチー +100円
トロトロ煮豚 +100円
辛味噌 +100円

ランチタイムは名物の「麻婆麺」メニューのみ。
ラインナップは3種類と何気に豊富です。
ライスとドリンクが付いてるのもありがたいですねー。

今回は「咖喱麻婆麺」に「トロトロ煮豚」トッピングでオーダー。


【咖喱麻婆麺(トロトロ煮豚付き)】1,000円

ほほーう、これはまたなかなかのそそるヴィジュアル。
麻婆豆腐に咖喱の要素を加え、更に麺に落とし込む。
なっかなかの複合性ですねー。

俯瞰からの眺め。
見た目はもう完全に中華ですが果たして。。。

先ずは麻婆で咖喱なプースーを。
ファーストアタックは「麻」と「辣」のせめぎ合いな麻婆テイスト。
唐辛子的な辛さにしっかり響く花椒の風味がイイ感じの調律具合です。

そして後追いで感じる各種スパイスによるカレーの印象。
バランス的には麻婆7のカレー3くらいですかね。
しかしこの絶妙バランスが、何気に心地よいスパイス感を発しています。

麺は太めの縮れ麺。
バツンとした歯切れの剛麺的茹で加減は、濃厚な麻婆にも押し負けない存在感です。
ちょっと冷麺の麺的な弾力ある食感が実に好み。

トッピングの「トロトロ煮豚」は箸で切れるくらいの柔らかな煮込み具合。
しっかり濃いめの味付けがメシに合う!!!

咖喱×麻婆の圧倒的シビ辛感でむたくた旨い!!!(^ω^)


シメは勿論、セットのライスに残った麻婆咖喱をのっけていただきます。
当然ながらむったくた旨し。

ほんのりとした咖喱感が漂う麻婆は、ビシッとシビれる麻辣とのミクスチャー。
後掛けでスパイスや花椒を加えると、またガツンと刺激がアップしてまた旨し!!!
きっちりシメまで美味しくいただきました☆

まさしく咖喱麻婆丼っつー鉄板の味わいでむたくた旨い!!!(^ω^)

スカッと爽快なシビ辛さを堪能した後は、セットのアイスチャイを。
イイ感じに口内をリセットしてくれます(^^)

キャッチーさを持ちながらもビシッと通った麻辣具合と咖喱の風味。
そして当然ながらライスとの相性も抜群です。
トッピングも色々あって、味のバリエーションも広がりそうですねー。
ココに揚げ物の追加があれば個人的にモアベター(笑)

ウマウマな咖喱麻婆麺を堪能しました!!!
ご馳走様でした!!!m(_ _)m


業態変更してまだ1ヶ月弱らしいですが、かなりしっかり作り込んでますね。
辛さやシビれ具合に関しては現在調査中らしく、色んなお客さんの意見を聞いてノーマルの基準を決めようと考えているそうです。
個人的には今のバランス結構好きですねー。


夜営業はこんな感じで色々なスパイスアテやスパイスカレーも用意。
そして「夜定食」なるメニューも。
コレは仕事帰りのサラリーマンにはありがたやーです。

心斎橋エリアに使い勝手の良いお店が誕生しましたねー。
次は夜営業にお邪魔して、スパイス呑みからのシメカレーといきたいですな(^^)


【スパイス食堂 サワキチ】
ジャンル:麻婆麺/スパイスカレー/ダイニングバー
電話:06-6282-0400 
住所:大阪府大阪市中央区南船場4-10-20 グランメゾン西心斎橋1F
交通手段:大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅から徒歩約5分
営業時間:11:30~15:00/17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:不定休
駐車場:無
サイト:無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。