『旬香唐』~遂にスパイスカレーが西中島に!!肉×魚介の旨味ダブルインパクトカレー☆~

 


盛り上がる大阪カレーシーンの中でも、やはりポイント的に穴のあるエリアはまだまだあったりします。
所謂「カレー屋不毛の地」というやつ。
そんな中の1つである西中島南方エリア。
勿論全く無い訳ではなく、インネパ系やカレーライス路線のお店は何気にあったり。
しかし、未だスパイスカレーを扱うお店は皆無に等しいのが現状です。

そんなスパイスカレー不毛地帯・西中島南方に、遂にスパイスカレー専門のお店が誕生しました!!!
和ダイニング『春夏冬』のランチタイムを間借りする形で、火曜・水曜・木曜の週3日だけ営業しているこちら『旬香唐』に行ってみました!!
待ちに待った西中島でのスパイスカレー、早速突撃して参りました!!!



地下鉄御堂筋線 西中島南方駅の北改札口から目の前の道を西へ。
ざっと150m程進みますと、右手に『旬香唐』の看板が見えます。
居酒屋さんの店舗だけに『旬香唐』用の提灯を用意。

店内はカウンター11席・テーブル18席・その他に掘り炬燵8席(個室)もある広々空間。
ランチタイムはカウンター中心の営業っぽいすね。
なんでも『春夏冬』オーナーの弟さんが『旬香唐』をやってはるとか。

コチラのメニューはこんな感じ。
基本的にメニューは固定で「旬野菜とつくねキーマ」「旬の魚介出汁カレー」の2種類。
其々旬の食材を使用するので、日々内容が変化する感じ。

こんな感じで、店内にその日の使用食材が啓示されています。
これは使用する具材・出汁によって、かなりの味のバリエーションが期待できます。

今回は両方味わえる「あいがけカレー」でお願いしました(・ω・)


【あいがけカレー】900円

肉×魚介の織り成す豪勢さパネェす。
見事にスパイスカレーしてるこのヴィジュアルも圧巻。

はいMeets撮り。
てかなんでコレMeets撮りって呼ぶのかね。
という訳でこれからはフォトジェニックカレー撮りと呼びます。
長いわ。

先ずは出汁仕様の「旬の魚介出汁カレー」
この日の出汁はハモ・サワラ・金目鯛・マグロ。
具は本マグロ・マカジキを使用。
サラサラスープ状のカレーは、一口目から圧倒的な魚介出汁の存在感。
スパイス感や辛味は寄り添う形のサポート的要素で、見事に魚介の旨味を引き上げています。
肉々しさ感じる厚みある具の旨味も加わり、これぞ出汁カレーといった和の仕上がり具合。

魚の旨味を凝縮した出汁の効きっぷりが禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

続きまして肉系の「旬野菜とつくねキーマ」
しっとりとウェットさを残したセミドライキーマは、ググッと濃度の高さ。
粗挽きの鶏挽き肉にカボチャの甘味とオクラの粘度が加わり甘辛さを発揮。
そこからの後追いで来る辛さとスパイスの響きで、じんわり汗ばんできます。
これ野菜の具材によって結構印象変わりそうですねー。


後半は更に温玉を絡めていただきます。
上乗せされる濃厚さにより、辛さが抑えられて2度美味しい味わいの段階。
温玉最強伝説(・ω・)

濃厚甘辛具合と後追い刺激の二段構えで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

まだOPENして半月程ですが、既にかなりのクオリティに到達。
西中島にガチのスパイスカレーが来てくれたかといった感じです。
また違った旬の食材でのパターンも楽しみです。
ご馳走様でした!!!m(_ _)m


かなり素材感に拘ったナチュラルなお味。
小麦粉・バター・添加物不使用という事もあって、食後の軽快さも申し分無し。
これは西中島エリアのランチカレーで頭角を現しそうです。

1日30食限定、火曜~木曜のランチ営業のみと、なかなかのハードルの高さ。
しかしカレー好き、特に旨味押し系のカレーが好きな人は是非食べてみてほしい一品。
またふらりとお邪魔しようかと思います(^ω^)


【旬香唐(しゅんかとう)】
ジャンル:スパイスカレー
電話:06-6886-5969
住所:大阪府大阪市淀川区西中島4-5-4 ワイズコート新大阪1階
交通手段:地下鉄御堂筋線 西中島南方駅から徒歩約5分
営業時間:11:45~14:00(売切れ次第閉店)
定休日:金曜~月曜
駐車場:無
サイト:無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。