『定食堂 金剛石』~カレーも良し!!定食も良し!!オールマイティにハイレベルな松屋町の極ウマ定食堂☆~

 


大阪市松屋町エリア。
中央区南東部は末吉橋東側に位置し、松屋町筋沿いに人形・駄菓子・花火等の卸問屋街が存在する下町然としたエリアです。
そんな感じなので、飲食店が軒を連ねる的な賑わいは無かったり。

そんなカレーどころか飲食店そのものが少ないこの地域に今年OPENした『定食堂 金剛石』
心斎橋の鉄板バル『ミコノス』で腕を振るった中尾氏の独立店です。

定食スタイルを信条としたメニュー&カレーメニューの2枚看板で営業しており、定期的に(てか毎週)メニューが切り替わるので、その引き出しの数が半端無いコチラ。
久々にサクッとお邪魔してきました(^^)



地下鉄長堀鶴見緑地線 松屋町駅の3番出口から松屋町筋を南へ。
200m程先の3筋目の角を左折してちょいと進みますと、右手側にある「ハイツ松屋町」の1階に店舗を発見できます。
ほんまぱっと見は和食屋か蕎麦屋みたい。

遅々な時間にお邪魔したのでまったりモード。
運良く売り切れてなかったのがホッとしましたわい。

本日のCurryが反射で完全に飛んでるので説明書きをば(笑)

<カレーメニュー>
インディアタマリンド鯖カリー 900円
※インド米(バスマティ)or日本米を選択
・豆乳ダル
・じゃが芋のクミン炒め
・キャベツのポリヤル
・カチュンバル
<トッピング>
大盛り +200円
小盛り -100円
煮卵 +100円

<定食メニュー>
チキン南蛮の定食 1,100円
・小鉢2皿付き
<トッピング>
大盛り +200円
煮卵 +100円

「チキン南蛮」という単語に反応しつつも、やはり初志貫徹のカレー様を(・д・)
トッピングに「煮卵」乗っけてライスはバスマティチョイス


【インディアタマリンド鯖カリー(煮卵付き)】1,000円

久々ですがやはりこのヴィジュアルは圧巻ですなー。
今回はインドスタイルのワンプレート。
そこに妙に一体感出してる煮卵がなんとも個性的です。

やはり絵になるMeets撮り。
シンプルに、しかし彩り鮮やかなフォトジェニックさも発揮。
無駄の無い構成はある種の芸術ですな。

先ずは「タマリンド鯖カリー」から。
ややとろみを持ったカリーは、ファーストアタックにキリッとしたタマリンドの酸味。
そこから鯖の脂の乗った旨味がグッと力強さを発揮、辛さ・スパイスの効きとの調和を広げます。
タマリンドの酸味と鯖の旨味の相性の良さが見事に表現されています。

酸味を活かした旨味の際立たせが素晴らしく禿げウマ!!Σ(゚Д゚)

続いて「豆乳ダル」
豆乳による円やかさを含んだマイルドタッチのダルは、クリーミーさとパクチーの風味が合わさった味わい。
単体でも甘味十分ですが、鯖カリーと合わせる事で真価を発揮します。


トッピングの煮卵の塩気が、これまた味のアクセントになってイイ感じ。
何気にカリーにマッチしてるトコがゴイスーです。

最後はカリーと副菜を全部混ぜていただきます!!
カチュンバルの酸味やキャベツのポリヤル、じゃが芋の食感のコントラスト。
様々な要因が重なり合い、多層的ながらも一体感を持ったバランスの良さです。
これは混ぜ合わせた時こそ完成形と言えるやも。

圧倒的厚みの旨味が押し寄せて禿げウマアアアア!!!!Σ(゚Д゚)

相変わらずの安定感を持ったウマウマカリープレート。
スリランカスタイルもイイ感じですが、やっぱインドスタイルも旨し。
今回お初で注文した「煮卵」も、思った以上にマッチしてて驚きです。
ご馳走様でした!!!m(_ _)m


OPENから半年ちょっとですが、既に人気店の仲間入り。
各雑誌にも取り上げられ、開店前から行列ができる事も。
特に土日は注意ですぞ。

現在は昼夜共に定食スタイル。
『ミコノス』時代を知る1人としては、「エビパン」「羊肉水餃子」といったウマウマなアテで呑みたいという欲求が(笑)
要予約の貸切りとかでやってくんないかな(・ω・)

最早発明と言える超話題の魯肉パリップ飯」も定期的に登場するので、またチェックしてお邪魔したいと思います。


【定食堂 金剛石(ていしょくどう こんごうせき)】
ジャンル:エスニック全般/定食
電話:06-7174-2578
住所:大阪府大阪市中央区瓦屋町1-8-25 ハイツ松屋町102
交通手段:地下鉄長堀鶴見緑地線 松屋町駅から徒歩約7分
営業時間:11:30~14:00(L.O.)/18:00~21:30(L.O.)
定休日:水曜日
駐車場:無
サイト:https://twitter.com/currykenmiconos

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。