『マサラ屋』~北新地に掲げる「NO,CURRY!NO,LIFE!」☆~

 

マサラ屋3
この日は淀屋橋エリアでお仕事エンジョイ!!
お客の様子をチラ見した後、サクッとランチタイムに北新地界隈へ踊り出ました。
最近やたらとカレー屋がOPENしとる北新地、今回はこちらマサラ屋に突撃デス!!!
昨年お9月のOPENでしたが、土日祝が定休日という北新地クオリティ故になかなか訪問でけませんでした。
今回近場で仕事やったもんで、この機会に初訪問してきました☆(・∀・)
マサラ屋2
JR東西線 北新地駅の3番出入口から徒歩約1分の所にある森ビルの2Fに店舗を発見。
元は和食の居酒屋かなんかやったらしく、確かに外観はカレー屋っつーより和食っぽさを感じます。
店名のパネルには「NO,CURRY!NO,LIFE!」の文字。
これは大いに共感デス☆
マサラ屋4
店内はカウンター&テーブル席。
おそらくは居抜きで営業しているっぽい居酒屋雰囲気満載でゴワス。
棚に並んだ一升瓶が、その雰囲気を更に拡大(笑)
店主さんはむっさ愛想の良い感じで、フレンドリーに話しかけてくれます。
閉店時間ギリギリCHOPで滑り込んだにも拘らず、快く迎え入れて頂けてありがたや~☆(´∀`)
マサラ屋7
さてさて、テーブル席にどっかり鎮座してメニューを拝見。
こちらのメインは「チキンカリー」、「白菜ポークカリー」、「キーマカリー」の3本柱。
その他バリエーションとして「特製ラー油がけキーマカリー」や「マサラ屋スープカレー」、
「マサラ屋ドライカレー」、そして極め付けのチャレンジメニュー「ドライカレーボム」等があります。
今回は「キーマカリー」+「チキンカリー」or「白菜ポークカリー」の「マサラ屋カリーコンビ」をオーダー☆
「チキンカリー」よりも「白菜ポークカリー」のほうが辛いらしいのでそちらをチョイスで~。
【マサラ屋カリーコンビ(キーマカリー+白菜ポークカリー)】750円
マサラ屋5
楕円形のお皿に盛られました2種類のあいがけカレー☆
あいがけで750円とは、なかなかにリーズナボーでありがたや~です。
ライスはしっかりターメリックライスを使用。
マサラ屋1
まずは「キーマカリー」から頂きます。
宮崎産さつま知覧鶏の挽き肉+鶏ガラスープ+スパイスとシンプルな纏まりですねー。
やや汁気のあるウェットなキーマは、鶏の旨みがガンガン前に出たコク深い味わい。
適度なインド系のスパイス感、丸みのあるかなりマイルドなカレーです。
ただ辛さの面がかなり抑えられており、辛党の方はかなり不完全燃焼じゃないっすかね。
んむむ~、個人的にももうちっと辛味が欲しいところかなぁ。。。
辛さの面では「特製ラー油がけキーマカリー」に期待。
マサラ屋6
続きまして「白菜ポークカリー」を。
ヴィジュアル的には、薄切り豚肉とトロトロになった白菜が合わさった粘度高めな感じ。
白菜の水分だけで煮込んでいるらしく、その濃度に期待大です。
こちらのほうが辛いとの事ですが、白菜使用なら甘いんじゃないかな~と思いながら一口。
ほむほむ、まずはズバッと刺激のある辛さが確かに感じられますねー。
そこから白菜の持つ甘みが、ジワッと後口を柔らかく癒してくれます。
時折感じる白菜のシャクッとした食感がええアクセントです☆
スパイスの風味はそれ程格調高い感じではなく、インド系と欧風系の中間的印象。
ちょっと珍しいタイプのカレーっすね。
どちらのカレーもドカーンとパンチを効かせた感じではなく、じんわりと広がる系の旨さ。
スパイスの効かせ方や辛さも、一般層向けといった感じの柔らかさです。
個人的にはどうも「突き抜けた感」に乏しい印象だったり。。。
もっと遠慮無しに「我」を出しまくったカレーも食べてみたいっすねー。
夜営業には「マサラ屋名物!食いだおれ鍋」、「激辛!テッチャン鍋」といった鍋物や一品ものもあり、
ちょっとした宴会にも活用できそうですなー。
定休日の土曜でも予約を入れれば営業してくれるそうなので、使い勝手は良さげ~。
一度、スパイス鍋パーティーみたいなんも企画してみたいお店です(・∀・)
【マサラ屋】
ジャンル:スパイスカレー
電話:06-6344-7900
住所:大阪府大阪市北区曾崎新地1-5-7 森ビル2F
交通手段:JR東西線 北新地駅から徒歩約5分
営業時間:11:30~14:00/18:00~23:00
定休日:土曜・日曜・祝日(土曜の夜のみ予約営業可能)
駐車場:無
サイト:http://www.syu-etsu.co.jp/masaraya/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。