『NOMSON CURRY』~バビルリスペクトの裏ポンバシ系スパイスカレー☆~

 

NOMSON CURRY02
『なちゅらるBORNカレー 壱』に参加した際、打ち上げで同席した方が近々カレー屋をOPENさせるという情報をGET。
元々カレーが大好きで、ケータリングなどで振る舞っていた方が一念発起したそうな。
こんな話を聞かされたら行かない訳にはいかんざき!!!(古っ)
6月23日にOPENしましたこちら『NOMSON CURRY』に初日突撃して参りました☆


NOMSON CURRY01「裏ポンバシ」…まぁ要するに日本橋エリアの南側に位置するこちらですが、距離的には地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ケ丘駅からのほうがやや近い感じ。
駅から北西にぐぐっと約500~600m。
4月21日をもちまして閉店されました『カレー喫茶39』の跡地やないすかコレ。
以前はウッド調の看板でしたが、『NOMSON CURRY』は白を基調とした中に、カレーを抱えたパンダなキャラが描かれています。

このキャラ、ポップアップ横沢さんがデザインした「猫星人ニャンピー」というキャラ。
LINEスタンプやTシャツ、Twitterアカまであります。⇒ ニャンピー(@nyangpyy)
こちらをイメージキャラとして使用させてもらってるそうです。

NOMSON CURRY03
NOMSON CURRY04 NOMSON CURRY15
店内は『カレー喫茶39』の頃と同じレイアウト。
居抜きで使用しているので、席数なんかも同じ感じですな。
キャパよりも空間を広く取る事を優先した感じで、かなりゆったりとした贅沢な使い方です。
カレー屋ですがカフェとしても充実させたいとの事で、ライブやギャラリーとしても展開していく予定。
奥の厨房では、店主さん&スタッフの皆さんが初日の緊張の中勤しんでおられました(笑)

NOMSON CURRY06開店祝いのご挨拶後にカウンターにてメニューを拝見。
こちらは「肉カレー」と「野菜カレー」の2種類を日替わりで提供しています。
店主自身が敬愛する裏谷四の名店『バビルの塔』をリスペクトしたスタイル。
勿論「愛×(あいがけ)」も可能となっちょりまふ(・∀・)
その他デザートやドリンクメニューも豊富に取り揃えていて、確かにカフェ使いも最適。

NOMSON CURRY05
ちなみに記念すべき初日のメニューは、肉カレーが「ぼんじりキーマ」、野菜カレーが「3種の豆のサグマサラ」。
もち「愛×(あいがけ)」チョイスで、ドリンクから「チャイ(HOT)」をセットでチョイス☆


【愛×(あいがけ)※ドリンクセット】1,100円
NOMSON CURRY09
丸型のお皿に盛られたターメリックライスを境に、両側に広がるカレーの湖。
横にはパパドが添えられております。
正に王道ど真ん中のスパイスカレーといったヴィジュアルすねー。

NOMSON CURRY10 NOMSON CURRY11
先ずは肉カレーの「ぼんじりキーマ」から。
見た目通りのサラリとしたカレーは、挽き肉の旨味がメインとなった味わい重視。
程良い感じのスパイスの存在感・辛さは控え目といった印象ですな。
ぼんじりのぷにゅっとした食感からの、噛み締めると溢れる脂が、また旨味を引き立てます。

ぼんじりぷにぷにで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

NOMSON CURRY13 NOMSON CURRY12
続きまして野菜カレーの「3種の豆のサグマサラ」。
所謂ほうれん草カレーで、具には赤いんげん、ひよこ豆、青えんどうが加わっています。
野菜カレーというイメージからマイルドな予想でしたが、これがまた意外にスパイスィー。
強めの主張なとこに細切りの生姜の爽やかな刺激が、エエアクセントになってますね。
3種類の豆の異なる食感も楽しいやないすか。

深み&爽やかで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

NOMSON CURRY14ライスはカルフォルニア産の「カルローズ」米を使用。
短粒種に比べて長くて大きい中粒種のジャポニカ系のお米で、「カルローズ」とは「薔薇」という意味のカリフォルニア州オリジナルの中粒種。
日本米(短粒種)とインディカ米(長粒種)の中間にあたり、双方の優れた点を持ち合わせた軽い食感とアルデンテとも言える歯ごたえが特長。
確かにパラリとした軽い食感に適度なモッチリ感を持ったハイブリッドさが感じられます。

NOMSON CURRY08チャイ(HOT)は、ガツンとカルダモンの風味を利かせた主張強めの一杯。
ここまでしっかり利かせてるお店って意外に少ない気がします。
強めのスパイスと甘さのコラボは、スイーツにもバッチシ合いそうな感じ~(・∀・)

2種類の全く印象の違うウマウマなカレーを堪能しました!!!
ご馳走様です!!!m(_愛_)m


なるほどなるほど、肉カレーと野菜カレーのコラボっぷりは、確かに『バビルの塔』をイメージさせますね。
しかしただ真似ているのではなく、自分流のテイストを組み合わせています。
『バビルの塔』がスパイス感重視の特化型とするなら、こちらは旨味とのバランスを重視した万能型といった印象。
スタイルを参考にしつつも自分のスタンスを持った良いお店ですな(^^)

これは今後のレパートリーも気になりまくり。
ミナミエリアに嬉しいスパイスカレーのお店が誕生ですわい(´∀`)


【NOMSON CURRY(ノムソンカリー)】
ジャンル:スパイスカレー/カフェ
電話:確認中
住所:大阪府大阪市浪速区日本橋東1-11-2
交通手段:地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ケ丘駅から徒歩約5分
営業時間:11:00~18:00
定休日:確認中
駐車場:無
サイト:https://twitter.com/nomsoncurry

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。