『スパイスカレー専門 梵平』~合わせて楽しいこだわりのミックスカレー☆~

   2015/06/25

 

梵平01
まだまだ勢い衰えぬ大阪カレーシーン。
新たなカレー屋もガスガスと出店し、追いつき追い越せの群雄割拠と化しています。
そんな中、またまた新店情報をGET(つってもひと月くらい取ってますが)。
こちら『スパイスカレー専門 梵平』へ行ってきました☆
スパイスカレー専門…なんとも惹かれる店名じゃないすかコレ。
新進気鋭のルーキーとなるのか、期待値高めで突撃デス!!!(・ω・)ノ


梵平02JR東西線 大阪天満宮駅の2番出口から東に進み、最初の交差点を南に下ります。
ズズズイ~と突き当りまで2ブロック程進みますと、正面に店舗を発見。
「糸やゲストハウス」のBARコーナーをお昼のみ間借りしての営業。所謂「宿借り系」すね。
玄関には店名の暖簾が掛けられており、そこには日本と印度の国旗が。
日本と印度の融合…正に大阪スパイスカレーを表してますな。

梵平03店内はBARコーナーなだけあってL字のカウンターのみ。
和の雰囲気満載で、BARというより居酒屋や小料理屋といった雰囲気です。
カウンター内で調理されてる店主さん、なんでも中津のほうで和食居酒屋やたこ焼き屋をやってはるそうで。
ランチ時間のみこちらでカレーを提供しているそうな。
んん~飽くなきチャレンジ精神すねー。

梵平04
こちらのメニューは上記の通り、2種類のカレーを組み合わせたあいがけ「梵平ミックスカレー」の1本勝負であります。
その他トッピングも「大盛り(+100円)」のみ。なんとも豪気すね。
しかし優柔不断大王なわたくしめには、ひっじょーに助かりマウス(・ω・)
今回は量的にも分かんないんで、とりあえず並盛りでオーダー。


【梵平ミックスカレー】900円
梵平05
かなりのサイズのお皿にこんもりと盛られました2種類のカレー様。
この日のカレーは定番の「スパイシーキーマカレー」と「南印 手羽元ココナッツカレー」。
横にはカチュンバルっぽいサラダと「ドラゴンエッグ」っつーネーミングの味玉。
ん~~、なんともエエヴィジュアル☆

梵平06 梵平07
まずは定番「スパイシーキーマカレー」から。
ウェットさを残した所謂セミドライなキーマは、ギュギュッとパンチのある濃密な旨みと心地良いスパイスの刺激。
そしてガツンと利いたガーリックの風味がめたくた合いますやん!!!
このスパイスとガーリックの組み合わせ、とんでもなく中毒性が強いっすわ。

スパイス×ガーリックのWパンチで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

梵平09 梵平08
お次は「南印 手羽元ココナッツカレー」を。
こちらはマイルドさ重視の優しさ溢れる仕上がりすねー。
ココナッツミルクの甘味からの~柔らかく香るフレッシュな後がけスパイス。
それが後口をしっかり整え、甘ったるさを感じさせないアクセントになっちょります。
辛さは抑えめで辛さに弱い人でも美味しくいただけま。

鶏の旨味×ココナッツの甘味が相乗効果で禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

あいがけの醍醐味ともいえる~、、、

梵平10
混ぜ混ぜタイムでござい!!!(゚∀゚)

半分くらい食べてから双方を混ぜ合わせていただきます♪

梵平11
しっかりパンチのキーマにマイルドなココナッツカレーがプラスされ、双方の良さを併せ持ったバランスの良い味わいに変化。
ガーリック感もスパイス感もマイルドさも….でれもが感じられながらもちゃんと纏まった一体感デス。

纏まりの良さがめたんこ禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

梵平12「ドラゴンエッグ」には海老油がかけられていて、風味ある味わいに味玉の塩気がイイすね。
酸味強めのカチュンバルもうんまー♪

1皿で3度おいしいガッツリボリューミーカレー、堪能しました!!!
ご馳走様でした!!!m(_鶏_)m


印象としては「スパイスカレーとインドカレーの中間」的な感じ。
カジュアル過ぎないしっかりめの味と、マニアック過ぎない程度の現地感を兼ね備えています。
タイプ的にはありそで無かったんで、これから楽しみなお店ですわい。

カレーのレパートリーも豊富そうなので、こちらは時機を見て再訪必至でありんす(^^)


【スパイスカレー専門 梵平(ボンベイ)】
ジャンル:スパイスカレー
電話:非公開
住所:大阪府大阪市北区天満4-16-13 糸やゲストハウス内
交通手段:JR東西線 大阪天満宮駅から徒歩約5分
営業時間:11:00~14:30(売切れ次第閉店)
定休日:日曜・祝日
駐車場:無
サイト:https://www.facebook.com/pages/%E6%A2%B5%E5%B9%B3/346808808850158

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。