『十壱亭』~大阪駅前第1ビルの隠れ家ノスタルジックカレー☆~

 

十壱亭01
今や「大阪スパイスカレー」というジャンルがかなり定着化し、このままいけば「551の豚まん」と並ぶ大阪名物になるんじゃないかとすら思える今日この頃。
そんなスパイスカレーブームの陰に隠れる様に注目から遠ざかっている「欧風カレー」。
流行り廃りが世の常とはいえ、やはり日本人のカレーの基本と言ったら欧風カレーじゃないデスカ!!!
つー訳で、原点回帰の意味も含めて久々の欧風探索にと向かったのがこちら『十壱亭』であります。
大阪駅前ビルに誕生した新たなカレー屋が欧風という、ある意味で時代に逆行したその生き様を体感しに突撃してきました!!!(゚∀゚)


十壱亭02 十壱亭09
大阪駅前第1ビルの地下1階、奥まった角の位置にお店を発見。
こりゃなかなか見つけ難い穴場感満載です。
店頭にはスパイスのディスプレイやメヌーなんかがー(゚Д゚)

十壱亭03 十壱亭04
店内はL字カウンターのみのスタンドカレー的なスタイル。
やや照明抑えめ&白を基調としたデザインが、ザワザワとした感じを生まない落ち着きある空間を演出しておりやす。
カウンター内の厨房にはオーナーと思しき男性とサービスの奥さん。
とにかく腰の低い接客でめちゃくちゃ丁寧。
昨今これだけ行き届いた対応はなかなかお目に掛からないですねー(高級店ならいざ知らず)。

十壱亭05
席に着きましてメニューを拝見。
こちらは基本となる「カレーライス(プレーン)」にトッピングを追加していきます。
トッピングの種類は写真の通り。
プレーンとはいえカレーライスがワンコインっつーのは、あ~りがたやありがたや♪(゚∀゚)
今回は数量限定の『煮込みビーフカレー』をチョイス!!!


【煮込みビーフカレー】700円
十壱亭06
懐かしさすら感じる楕円形のお皿に、これまた楕円形に盛られたライス。
その上にはゴロゴロのビーフがこれでもかと天面を埋め尽くしております♪
うひょー!!!これぞ超どストレートの王道カレーライスっすね!!!

十壱亭07 十壱亭08
先ずは一口。
しっとりと粘度を含んだルーは、淡路島産玉ねぎの甘味が豊かに伝わるファーストアタック。
そこからじわじわっと優しい辛さが追いかけてくる、所謂「大阪カレー」に属するタイプです。
尖りの無い円みのある味わいは、多くの人に受け入れられるであろう万能型の調律具合。
ノスタルジック感満載な昔懐かしい味わいですね~。

これぞ日本のカレーライスで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

トッピングの煮込みビーフは、スプーンで簡単にほぐれるエエ煮込み具合。
ホロホロとした食感に肉の脂が合わさって、カレーの旨味を引き上げる良い組み合わせ。
しっかしこのボリューム感、デフォ+200円とは思えませんわい。

かっ込む様に瞬時に完食!!!
ウマウマなジャパニーズカレーライス、ご馳走様でした!!!m(_ _)m


ネットリとした粘度ではなく、ほんのりと絡む感じの大変バランスの良いカレーです。
昨今流行の目新しさはありませんが、じんわりと旨味やコクが楽しめる昔ながらのカレーライス、やっぱイイやないデスカ!!!

そしてやっぱ特筆すべきはご夫婦の人柄。
「ブログで紹介させてもらっていいすか??」とお聞きしたところ、OKいただけた上に超謙遜されてる謙虚さです。
いや~ワシも客商売(飲食じゃないよ)なんやから、見習わなけりゃイカンですわ(゚Д゚)

今回は「煮込みビーフ」にしましたが、何気に「トンカツ」やら「クリームコロッケ」やらもやたらウマソーやないすか(゚∀゚)
平日のみの営業ですが、また時期を見て再訪してみたいと思います(・ω・)ノ


【十壱亭(じゅういちてい)】
ジャンル:欧風カレー
電話:非公開
住所:大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビルB1F
交通手段:JR各線 大阪駅から徒歩約7分
営業時間:11:30~15:00/18:00~21:00
定休日:土曜・日曜・祝日
駐車場:無
サイト:無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。