『カレーショップ いなくら』~日本人のDNAが騒ぎ出す!!肥後橋に潜む王道ノスタルジーカレー☆~

 

日本人の遺伝子レベルに刻まれた「洋食屋さんのカレーライス」。
いわゆる欧風カレーに属するその味わいは、スパイスカレーや現地系カレーが人気を博している中でも、やはり多くの人が想像する「カレーのイメージ」そのものではないでしょうか。

そんな時折無性に食べたくなるカレーライスを提供する、肥後橋エリアの『カレーショップ いなくら』にお邪魔してきました。

今年2月にOPENされたカレー専門店。
ノスタルジックな雰囲気漂うカレーをいただきに行ってきました!!!

大阪市中央区道修町『カレーショップ いなくら』

大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」の6番出口から東方面へ。
突き当りを右折し、2つめの角を左折して、阪神高速高架をくぐります。
最初の交差点を右折して40m程先にある「新横堀ビル」の2階に店舗を発見できます。
張り紙が超ミニマムなんで、行き過ぎてしますかも。
そんな時は少し先の看板見てUターンしてください(笑)

2階の奥突き当りに店舗がある訳ですが、入口はなかなかのダーク感(笑)
しかし店内は明るい雰囲気で(そらそーだ)、全24席の快適空間。
古き良き時代のスタンドカレーを思わせる雰囲気がイイ感じ。

メニュー一覧

<カレーメニュー>
カレーライス 700円
カツカレー 850円
海老フライカレー 900円
クリームコロッケカレー 850円
茄子カレー 850円
パクチーカレー 850円
牛すじカレー 900円


<トッピング>
トンカツ +150円
海老フライ(1尾) +100円
クリームコロッケ +150円
茄子 +150円
牛すじ +200円
パクチー +150円
チーズ +100円
たまご +50円
ルゥ大盛り +100円


カレーは王道的欧風カレー1本。
そこに各種トッピングによる派生メニューが揃っています。
カレーライス系でパクチートッピングってなかなか珍しいですね。
今回は「カツカレー」「海老フライ」をトッピング。

【カツカレー(海老フライ付き)】950円

OH!これぞ間違いの無いヴィジュアル。
子供から大人まで安心感を与えるカレーライスってやつですね。
トンカツ&海老フライの二大巨塔がすんばらしー存在感。

俯瞰からの眺めー。
いやー本当に旨さしか伝わってこないオーラっす。

カレーは正に昭和ノスタルジックを覚える、懐かしき洋食タイプ。
ファーストアタックはじっくりコクの伝わる旨味&甘味。
勿論それだけではなく、後追いでくるビシッと締まりのある辛さがイイっすね。
いわゆる「大阪カレー」の部類に入るバランスに仕上がっています。

ともすれば、揚げ物…特にトンカツとの相性は間違い無く最強。
薄衣に包まれたサクッとした食感の中から溢れる、豚肉の旨味は格別です。
ぷりぷり弾力の海老フライも堪んナイス!!!
もう最終的にカツカレーが最強なんじゃないかと思っちゃいますねぃ。

正道を突き進む実直カレーライスで旨い!!!(^ω^)


いやー、なんだかんだでやっぱり美味しいカレーライス。
コチラもその例に漏れず、飽きのこないしっかり旨辛を体現した美味しさでした。
やっぱカレーライスは裏切らない。
元洋食店という事もあって、揚げ物のクオリティも言わずもがな。
これは何気に良い店ですなー。

ウマウマな洋食カレーライスを堪能しました!!!
ご馳走様でした!!!m(_ _)m

夜は多彩なアテも楽しめるカレー居酒屋に!!

夜は様々なアテが揃った居酒屋使いができるとあって、これは呑兵衛にも魅力的。
しかも「カレースパゲッティ」といった夜限定メニューも登場。
よし、これは飲みに行こう(・ω・)

肥後橋エリアもいつの間にやらカレー激戦区に。
インド、創作、欧風…様々なタイプが鬩ぎ合い、更なる盛り上がりを生み出す事でしょう。

店舗情報

【カレーショップ いなくら】
ジャンル:カレーライス/居酒屋
電話:06-4708-4840
住所:〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町4-7-7 新横堀ビル2階
交通手段:大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」6番出口から徒歩3分
営業時間:11:30~15:00/17:00~22:00(日祝は11:30~22:00)
定休日:不定休
駐車場:無
サイト:無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。