『欧風カレー舗 開章亭』~南船場の王道的欧風カレー☆~

 

開章亭2
多忙なる仕事の合間にカレーランチ!!!
そう遠くには行けないな~と思いながらも、なんとなく欧風系が食べたい気分。
南船場の『辛激屋』でも行こうかな~と思い近くまで行くと、
おや?!?!こげなトコにカレー屋が出来てたんかいな。
というのも『辛激屋』の斜め向かいという、またエラい場所にOPENしとります。
これは妙に興味が湧いてまったんで、急遽予定を変更!!!(『辛激屋』さんスンマヘン。また行きます)
こちら『欧風カレー舗 開章亭』に初訪問してみました☆


開章亭1 開章亭4
地下鉄各線 長堀橋駅の2-B出口から堺筋を北に上がり、最初の角を左折。
2ブロック目(つまりは『辛激屋』の前の通り)を右折したすぐ左手に店舗を確認。
どうやら昼はカレー、夜は肉バルという二毛作スタイルのようですねー。

開章亭3店内はUの字型のカウンタースタイル。
所謂スタンドカレー屋さん的な雰囲気で、サクッと食べていける気軽さ。
店主と思しきオッチャンが1人で営業されとるみたいなんで、U字型カウンターは効率良しですな。
寡黙そうですが、「カレー好きなんすよ~」的なノリで話しかけると愛想良く会話してくれますた(゚∀゚)

開章亭5カレーメニューは以下の通り。

・プレーンカレー(甘口:600円/濃厚辛口:700円)
・とんかつカレー(甘口:700円/濃厚辛口:800円)
・ビーフカレー(甘口:700円/濃厚辛口:800円)
・きのこカレー(甘口:700円/濃厚辛口:800円)
・ほうれん草カレー(甘口:700円/濃厚辛口:800円)
・チーズ☆カレー(甘口:700円/濃厚辛口:800円)
・チーズとんかつカレー(甘口:800円/濃厚辛口:900円)

それぞれに「甘口」と「濃厚辛口」の2種類のルーがあり、「濃厚辛口」は+100円でゴワス。
その他トッピングも数種類あり、その辺りは一般的なお店と同じ感じ。
今回はちょっとガッツリ食べたかったんで「とんかつカレー」を「濃厚辛口」でオーダー。


【とんかつカレー(濃厚辛口)】800円
開章亭6
楕円形のお皿に盛られたカレーは、見た感じから濃度が伝わるヴィジュアル。
『船場カレー』『福島上等カレー』等に通じるモンを感じますな。
カレーにはミニサラダと福神漬けが付いてきます。

開章亭7 開章亭8
ルーを掬ってみますと、予想通りになかなかのとろみ。
グッとくる溶け込んだ野菜の甘みと強めのコク。良く煮込んだ感じが出ています。
辛さは普通の人でも難無く食べられるくらいなんで、辛党な方にはやや物足りないかも。

程良い辛さと濃厚なコクで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

とんかつは叩いて薄く伸ばした大判型。
サクサクとした心地良い食感と濃厚ルーが組み合わさって、これまた旨いやないすか。
ライスはカレーと合わせるにはやや柔らかめな気もしますが、欧風系ならそんなには気にならないかなー。
ちなみにライスは小盛り(200g)で-50円。普通盛り(250g)~特盛り(350g)まで無料でアップできる太っ腹具合。

開章亭9ミニサラダはキャベツと人参の千切りにドレッシングとシンプルな仕上がり。
程良い酸味が濃厚カレーの箸休めに調度良いです。


予想的中な王道的欧風カレー。
いや、ん~欧風カレーというニュアンスはちょっと違う気もしますなー。
『インデアンカレー』や先にも挙げた『福島上等カレー』『船場カレー』といったラインナップに並ぶ、
甘さからの辛さが特徴の、所謂「大阪カレー」といったジャンル。
今流行のスパイスカレーとは真逆の方向性ですが、やっぱたま~にこういうカレーが食べたくなったり(笑)
鬼近所の『辛激屋』とは大分と路線的に違うんで、上手い事共存できると良いんですがね~。
カレーもなかなかのモンでしたが、夜の肉バルもちょっと気になりますな~。
仕事帰りにでもフラッと立ち寄ってみますかね(・ω・)


【欧風カレー舗 開章亭】
ジャンル:欧風カレー/バル
電話:06-6244-8005
住所:大阪府大阪市中央区南船場2-11-9 チサンマンション1F
交通手段:地下鉄各線 長堀橋駅から徒歩約5分
営業時間:11:30~15:00(夜営業は調査中)
定休日:日曜・祝日
駐車場:無
サイト:無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。