『cafe 黒岩伽哩』~ガッツリお得な合いがけ伽哩☆~

 

黒岩-2-1仕事をサクッと定時で終わらせ、この日は夜のスパイス活動。怪しい意味ではございません。
『KENNYasia』で平日ディナー限定のイベントをやってましたんで、スパイス仲間と行ってみましたら…

まさかの臨時休業!!!!Σ(゚д゚lll)ガーン

一気にディナー難民に陥ってしまいますた。。。(´・ω・`)
しかし既に口はカレー口になってしまってるので、今更他のジャンルは受け付けません。
そんな中、ふと日本橋エリアで行ったウマウマなカレー屋を思い出しまして、
リカバリーでこちら『cafe 黒岩伽哩』に再訪してきました☆
前回訪問時に「次回はキーマ伽哩を!!!」という約束をようやく果たしに突撃であります(・∀・)ノ

黒岩-2-2各線 日本橋駅から堺筋を南に下り、日本橋2の交差点を西に。
曲がってすぐの所に立つ「上東ビル」の前に店の看板を発見できます。
店舗は2階で通りからだと分かり難いんで、こちらを目印に~。

黒岩-2-3 黒岩-2-4
店内は白を基調とした、相変わらずの女子受け満載空間。
カレー臭(加齢臭じゃないよ!!!)漂うオサーンにはなかなか場違いな感じです(笑)
これまた相変わらず人の良さげな店主さん、この日も笑顔を絶やしません。コレ重要(゚Д゚)
入店時は比較的空いてましたんで、今回はテーブル席を利用させてもらいました。

黒岩-2-5改めてメニューを拝見してみますと、おっとメイン4種類の他に合いがけメニューが増えてるじゃないデスカ。
ふむふむ…「鶏とキーマの合いがけ伽哩(950円)」か。。。
この日は「キーマ伽哩」と決めておきながら、やっぱり「鶏伽哩」も食べたくなったワシ。
という心境を見透かされたかの如き神メニューを「辛さ2倍(+50円)」でオーダーしゃーした☆


【鶏とキーマの合いがけ伽哩(辛さ2倍)】1,000円
黒岩-2-6
お皿に盛られたライス・ダムによって分けられた2種類のカレー。
「鶏伽哩」と「キーマ伽哩」の合いがけっつー事で。
今回はパワーアップして辛さ2倍にした訳ですが、果たしてその効果は。。。

黒岩-2-9 黒岩-2-10
まずは「鶏伽哩」から。
ベースは以前頂いた「黒岩伽哩」と同種の、バターチキン的なまったりとした味わい。
香味オイルの香りと香ばしさが一体となって、輪郭のある味の主張を感じます。
ふっと鼻孔を掠めるスパイス感も良い仕事振り。
「辛さ2倍」の効果もあってか、かなりピリピリとくる刺激が心地良いですな~☆

まったりピリ辛で禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

手羽元のトロトロな柔らかさもタマランチ会長デス(古っ!!!)

黒岩-2-7 黒岩-2-8
続きまして待望の「キーマ伽哩」を。
汁気の多いウェットなタイプのキーマは、ギュギュギュ~っと肉の旨味が感じられる濃厚インド系。
なかなかなオイリーさもあって、これは男性陣に人気がありそうなテイスト。
後追いでくるスパイスの風味もしっかりと立っており、総じてインパクトあります。
デフォでも結構辛いという話でしたが、「辛さ2倍」オプションのお蔭で更に刺激が引き立っておりますわい。

ガツンとパンチある辛さで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

ふおおお、こいつぁ刺激的なブツですなー(゚Д゚)
上にのっかってる茹で卵がちょっとばかしマイルドにしてくれて、味の変化も楽しめます☆


まったりルーの「鶏伽哩」系もウマーでしたが、この「キーマ伽哩」のパンチある味わいは超好み。
これだけしっかりした主張の辛さを出したキーマって、最近のお店ではあんまり見掛けなくなりましたね。
(『カレー屋SUN』のキーマは、かなーりキレッキレの辛さですが)
お勧めトッピングの「焦しチーズ(+150円)」もちょっと気になるやないデスカ!!!
平日のみの営業ですが、夜もやってるんで比較的利用し易いお店。
また夜のスパ活の際に利用したいと思いま~(゚∀゚)ノ


【cafe 黒岩伽哩(クロイワカリー)】
ジャンル:スパイスカレー
電話:06-7163-8260
住所:大阪府大阪市中央区日本橋1-20-9 上東ビル2F
交通手段:各線 日本橋駅より徒歩約3分
営業時間:11:00~21:00
定休日:土曜・日曜
駐車場:無
サイト:http://kuroiwa-curry.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。