『Afterglow』~圧倒的な味の構築感!!!カレー哲学を追求するハイセンス店に突撃☆~

 

ふらりふらりと福岡遠征。
今回は福岡カレーの巨匠と呼ばれる御仁に色々相談しまして。
ワテの「ココ行ってみたいリスト」の中からセレクトしていただき、この日はコチラ『Afterglow(アフターグロウ)』に突撃してきました(^ω^)
福岡カレーシーンにおいて最早外す訳にはいかない存在ですね。

何気に関西のカレーイベントなどにも参加されている店主イリベ氏。
かなり変態的な感性(勿論良い意味で)を揮ったカレーを提供しているとか。
これは大阪カレーシーンに通ずるものがありそうです。
つー訳でこの機会にリサーチして参りました!!!

福岡市中央区草香江『Afterglow』

福岡市地下鉄七隈線「六本松駅」と空港線「唐人町駅」のちょうど真ん中辺り。
大濠一丁目の交差点を東に進みますと、左手に店舗を発見できます。
OPENの15分前くらいに到着しますと、既に20人近い行列。
いやもう福岡のカレー事情を甘く見ていましたすいません。。。

流石の人気店、こういう点もしっかり考えられています。

店内は天井の高い開放感ある空間。
カウンター&テーブルでキャパはざっと13~15席くらいでしょうか。
席に着いてメニューを見ながらオーダー待ち。

<本日のカレー>
ラムキーマ 1,100円
鴨キーマ 1,200円
スリランカプレート
・チキン 1,300円
・フィッシュ 1,400円
・マトン 1,500円
鴨南カレー 1,200円
エビデビルとバスマティライス 1,200円
ラムラッサムキーマ 1,300円
カンガルーのヴィンダルー 1,200円


<レギュラーカレー(ランチ)>
アフターグロウカレー 800円
ラッサムキーマ 850円
豆腐入り山椒キーマカレー 1,000円
煮干しカシミール 1,300円


とまぁどえらいラインナップ。
通常なら定番のレギュラーからチョイスするんですが、巨匠からもオススメされていた「ラムキーマ」がもう心躍らせる訳で。。。
ここは食べたいものをとコチラをチョイスしました(^^)

【ラムキーマ】1,100円

現れましたおカレーは、素晴らしくシンプルな上に素晴らしく良いオーラ醸し出してます。
かなり大阪スパイスカレー的雰囲気も持った印象。
しかしこれまた圧倒的ボリュームですねー。

俯瞰からの眺めも良いですねー。
「嗚呼、俺カレー食ってる感」満載です。

サラッとしたカレーは、見るからにオイリーさを発揮したヴィジュアル。
こいつはヘヴィだぜ…と思いきや、食してみますとエエ~感じのオイルアタック。
パンチはありながらも、胃に重く感じない絶妙な油の主張です。
ラム挽き肉の溢れまくる旨味と風味に、角切りのセロリの爽快さが油っぽさをイイ感じに中和してる感じ。
相乗効果でセロリも臭み無く、ものすごー計算された味の構成・バランスっすねー。

ライスはややもっちり感を発揮したソフトタッチな炊き具合。
このカレーにはパラッとしているより、この感じの方がマッチしますねー。
かなりガツンとくる旨味とオイル感ながら、難無くスイスイ食べてしまいます。
バランス感って本当に大事ですねー。

オイリーな主張にラム&セロリの複合的味わいで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)


到着した瞬間は「これ食べ切れるかなぁ」とか思うボリューム感でしたが、何気にペロリと平らげてしまいました(勿論腹パンです)。
油の使い方が非常に旨いというか、結構な量を使ってそうですがそれを感じさせない食材とのバランス調整。
味の構築感が半端無いです。
いやこれ旨いっすねー。
この味の感覚、他のカレーも滅茶苦茶気になりますやん。

ウマウマなヘビー級ラムキーマカレーを堪能しました!!!
ご馳走様でした!!!m(_ _)m

もう1つの大人気メニューも必食!!

カレーがフューチャーされているコチラですが、もう1つの大人気メニューが「ナポリタン」。
お隣の席の方が食べているのを見て、めっちゃ食べたくなりました。
が、カレーと同じくえげつないボリュームなので連食はちびしいものがあります(笑)
次回訪問時は誰かとシェアせんといかんですねー。

福岡カレーの雄、すんばらしい味わいでした!!!
また遠征の際はお邪魔します!!!(^ω^)

店舗情報

【Afterglow】
(アフターグロウ)
ジャンル:スパイスカレー/ナポリタン/カフェ
電話:092-741-3080
住所:福岡県福岡市中央区草香江1-8-25
交通手段:福岡市地下鉄七隈線「六本松駅」から徒歩約9分
営業時間:11:30~16:00(L.O.15:30)/18:30~22:00
定休日:木曜日(不定休あり)
駐車場:無
サイト:Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。