【閉店】『カリケンミコノス』~更なる高みに上った至高のカリケンスリランカプレート☆~

 

カリケンミコノス(201604)01
心斎橋の人気鉄板バル『食堂ミコノス』の二毛作的な、日曜ランチのみのカリー研究所『カリケンミコノス』
インド・スリランカを主軸とした、専門店顔負けのウマウマなカレーを提供しているコチラ。
スリランカ研修帰りはガッツリとスリランカカレーを続けており、そのクオリティといったらまー凄いっすわ。
前回いただいた「スリランカポーク」に引き続き、今回は何を味わわせてくれるのか期待値高めで突撃してきました!!!(・∀・)


カリケンミコノス(201604)02
地下鉄各線 長堀橋駅から南西へ徒歩約3分。
長堀通から南に下る筋の左手側に看板を発見できます。
店前に全然列が出来てなかったんで「あれ?!ひょっとしてポール??」とか思ってたら…なんと横の出入口側に並んでおりました(笑)
まーさーかーのーてーんーかーいー(゚Д゚)

カリケンミコノス(201604)03
今回のスリランカプレートは…おっと「骨付きチキン」がきました!!!
副菜関係も気合入ったラインアップですなー。
ざっくり2巡目にカウンターに着席し、今回も安定の普通盛りでオーダーしやした(^∀^)


【カリケンミコノス ランチプレート】1,000円
カリケンミコノス(201604)04
あああひー!!なんつーボリューミー&魅惑的ヴィジュアルでしょーか!!!(゚Д゚)
大振りの骨付きの鶏肉がドッカリとのっかった圧巻の存在感すねー。
ぐるりと囲む感じで様々な副菜がトッピング☆

カリケンミコノス(201604)12 カリケンミコノス(201604)08
「骨付きチキン」は、スプーンでサックサクとほぐれる圧倒的柔らかさ。
バシッと響く軽快な辛さとスパイスの利きが、チキンの旨味をぐっと引き上げてくれます。
オイリーさの少ないライトさがスキッとしててスリランカ的~。

ボリューミー&スパイシーで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

カリケンミコノス(201604)07 カリケンミコノス(201604)05
「パリップ」は相変わらずのしっかりとしたスパイスの主張を感じる存在感。
粒の残った豆の食感も感じられ、単体でも楽しめる仕様となっちょります。
当然「骨付きチキン」との相性もグンバツっす!!!

しっかり輪郭のある味わいで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

カリケンミコノス(201604)09副菜の「茄子のモージュ」「砂肝のデビル」「若ごぼう・ポテオのキラタ」「キャベツ・リンゴのサンボーラ」を含め、2種類のカレーを全て混ぜ混ぜします!!!
安定の混ぜ混ぜタ~イム!!!(゚∀゚)

カリケンミコノス(201604)10
相変わらずの盤石の安定感を発揮した味わいのバランス。
チキンの辛さがベースとなった中に、惣菜の旨味やさっぱりとした酸味も合わさり、ひっじょーに多層的な味わいを楽しめます。
押し寄せる様な力強さではなく、纏まりと整いを感じる洗練された方向性。

んもー間違い無い安定感で禿げウマアアアア!!!!Σ(゚Д゚)

通えば通うほど深みにハマっていく魅惑に満ちたプレートですわホンマ。
スリランカから帰ってからというもの、更にレベルがグイグイ上がってんじゃないすかね。
すんばらしーウマウマカレープレートを堪能させていただきました!!!
ご馳走様でした!!!m(_鶏_)m


この半端無い旨味の響きが毎度クセになりますわー。
もう日曜だけなのが惜しくなってくる完成度。
何気に夜の『食堂ミコノス』でもスパイシーな料理が楽しめるんで、こちらも超オススメ。

日曜の心のオアシス、これからも楽しみにしております(^ω^)


【カリケンミコノス】
ジャンル:エスニック料理
電話:06-6227-8856
住所:大阪府大阪市中央区東心斎橋1-13-23 大阪屋イルストリート1F
交通手段:地下鉄各線 長堀橋駅から徒歩約3分
営業時間:12:00~15:00(L.O.14:30)※売切れ次第閉店
定休日:月~土曜日
駐車場:無
サイト:無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。