『Jan sun』~カレーマニア激震!!あの名店のスパイスカレーが福島でもいただけます☆~

 


近頃何気に注目を集める福島区界隈のカレー事情。
『般°若 大阪福島店』を筆頭に『スパイスカリー大陸』『登り鯛カレー』『イーカスーク』etc…
数も然る事ながら、そのジャンルの幅広さも拡大しています。

今回訪れたお店はカレー専門店に非ず。
昨年12月にOPENしたバルだったりします。
しかしながらとてつもなく気になるメニューを発見してしまった訳で。
正直「え?マヂで?」とnidomi…もとい二度見してしまいました。
なんとあの名店のスパイスカレーを出しているというから驚き。

一体全体どういう意味なのか、早速コチラ『JanSun』に突撃して参りました!!!(・ω・)



JR東西線 新福島駅から国道2号線を東へ。
浄正橋交差点を渡り2つめの角を右折して裏通りへ。
直ぐに左折してしばらく進みますと、フライパンを模した様な赤い看板を発見。
餃子のマークがなんとも可愛らしや。

店内はカウンター&テーブル席で合計20席ちょっと。
お1人様から複数人まで様々な使い方が出来そうな理想的キャパ。
カウンター向かいの厨房には女性スタッフがお1人で営業されています。

<ランチメニュー>
まっちーのデミチキンカツ
あのレオーネのカレー
カラフル野菜のしょうが焼き
今日のJan sun(日替わり)
各800円

なななんと!!!
堂島イタリアンの名店『Leone』のスパイスカレーの名前が!!!
これレシピ提供何かと思ったら、オーナーさんが吉川シェフとお友達という事で卸してもらってるとの事。
つー事はガチで『Leone』のカレーっつー事じゃないデスカ。

まさかの堂島名店の味が福島にていただけるとは。。。


【あのレオーネのカレー】800円

『Leone』「ビーフ」「バターチキン」「キーマ」の3種類を1度に味わえるSPっぷり。
この一皿が800円…最早価格破壊レベルです。

ふむむー、やはりどこか『Leone』の雰囲気漂ってますね。
これは期待値しか無い。

先ずは「ビーフ」を。
サラリとしたライトスタイルのカレーは、牛肉の旨味をパーフェクトに発揮。
そこに連なる芳醇なスパイスの刺激がビビビッと発してきます。
じわっとコクが伝わる感じはビーフシチュー的な深みすら感じさせますねー。

サラリと入りじわっと深い旨味とスパイス感で禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

続いて「バターチキン」
所謂インドのバターチキンカレーとは方向性からしてまるで違う一品。
ミルキーさすら感じる濃厚なバターの味わいにスパイスの余韻。
ベースとなる鶏の味わいに非常にマッチしています。
これはかなり洋食的な要素がミックスされていて面白いです。

こってり濃度のバター感がパンチあって禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

最後は「キーマ」
量的にはお味見くらいの感じですね。
こちらはトマトベースと思しきスッキリサッパリな味の整いっぷり。
スパイス感は程々で、トマトと挽肉の旨味をサポートするポジション。
何気に他のカレーと混ぜて食べると、旨味の層の厚みを増す効果でエエ変化球です。

キリッとキレのある酸味の存在感で禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)


各ランチメニューには小鉢が2種類付いてきます。
で、こんな感じで選ばせてくれるという嬉しいサプライズ。

アテクシはきんびら牛蒡とマカロニサラダを。
ちゃんと手作り感のある優しい味わいが独身男のハートをガッチリキャッチ(笑)
こういう家庭的な味がトッピングされるとは非常にありがたやーです。

まさかほんまに『Leone』のカレーだったとは。
微妙な違いはあるにせよ、味の基本は間違い無く『Leone』のそれ。
クオリティは一定のレベルで保たれています。
これはなかなか平日に堂島まで行けない人には貴重極まるお店ですな。

ウマウマなスパイスカレーランチを堪能!!!
ご馳走様でした!!!m(_ _)m


カレーはランチのみの提供で、夜は創作アラカルトメニューによるバル営業。
これは福島界隈で非常に使い勝手の良いお店ですやん。

ちなみにこんな感じで昼呑みも可能というのだから堪りません。
次回は呑み使用で行ってみるのもイイかもなぁ。

なんしか福島界隈のカレーマニアな方々にとっては素晴らしいチャンス。
是非『Leone』のカレーを味わってみてください!!!(^ω^)


【Jan sun(ジャンサン)】
ジャンル:スパイスカレー/バル
電話:050-3374-5814
住所:大阪府大阪市福島区福島1-5-12
交通手段:JR東西線 新福島駅から徒歩約5分
営業時間:11:00~23:00
(ランチタイム11:00~17:00/アラカルト14:00~23:00)
定休日:日曜・祝日(不定休あり)

駐車場:無
サイト:無

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。