『Dish curry&relish』~遂に実店舗OPEN!!!南船場に誕生した旨味溢れる大阪スパイスカレー☆~

 


大阪の間借りカレー文化は多くの実店舗人気店を生み出してきました。

『アアベルカレー』
『カレーや デッカオ』
『スパイス料理 ナッラマナム』
『yatara spice』
『はらいそsparkle』
『スパイスカリー て』
『すりらんかごはん ハルカリ』
『ニタカリバンチャ』
etc…

今や大阪でも一戦級のお店ばかり。
もう間借りカレーは人気店の登竜門的なスタイルとなりつつあります。

そして去る8月20日にまたまた新たな間借りカレーからの卒業組が誕生!!!
コチラ『Dish curry&relish』に行ってきました(^ω^)

北堀江のBar『cave』にて金曜不定期でカレーを提供していた『まっちゃんちんち』が、この度めでたく独立OPENとなりました。
しかしまたシャレオツな店名にメタモルフォーゼしましたな(笑)
「カレー事情聴取」でも人気のまっちゃんのカレーを久々にいただきに突撃デス!!!



大阪メトロ長堀鶴見緑地線 松屋町駅の1番出口から、長堀通を西へ。
阪神高速を潜って2本目の交差点を右折し、4ブロック目の真ん中あ辺りに店舗を発見。
スパイスの詰まった瓶が並べられた窓がなんともカレー屋的。

店内はカウンター7席のコンパクトサイズ。
白を基調とした中に木目調のカウンターが映えますね。
この日は店主まっちゃんとヘルプのかわいこちゃんのツーマンセルで営業。

<本日のカレー>
マトンカレー 850円
豚スネキーマ 900円

<トッピング>
うずらスモーク +150円

カレーは「マトンカレー」or「ビーフカレー」が週替りで1品。
そして「気まぐれカレー」が週替りで品。
現在の所はあいがけ対応はされていない様です。その意気や良し。

今回はメインどころの「マトンカレー」「うずらスモーク」をトッピング(^^)


【マトンカレー(うずらスモーク付き)】1,000円

おお~、コレはまた正統派なスパイスカレーといったヴィジュアル。
メインのカレー以外にひよこ豆のマサラ、カチュンバル、人参ピックルが添えられています。
パラリと掛けられたカスリメティが今風ですね。

実にエエ眺めっすねー。
この王道感、期待値高まりますわー。


「マトンカレー」は羊肉が粗めに切り崩していて、適度な肉の食感と食べ易さ。
マトン独特の心地良い風味が感じられる野性味がイイですね!!
やっぱマトン食べるならこの力強さが欲しいす。

辛さを抑えながらもスパイスの迸る主張が感じられ、心地の良い刺激が口内を支配。
ベースに出汁的な旨味を感じるので、サラッとライトな存在感。
コレはサクサク食べてしまいますな(^ω^)

マトンの旨味満載のキリッとライトなスパイスカレーで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

付け合わせのひよこ豆マサラは、ほんのりとしたスパイス感のおつまみ的な要素。
これアテにビールとかいっちゃいたくなります☆
カチュンバルやピックルの酸味もキリッと引き締めてくれます。
カレーに混ぜ合わせても良い変化球となってイイですねー。

そしてトッピングの「うずらスモーク」
味玉的な塩気に燻製香が非常にフレッシュで旨い(^ω^)
これはトッピングとしてもおつまみとしても最適ですなー。

あっという間にペロリと平らげて至福の余韻タイム。
味の方向性は非常にライトで、旨味とスパイスのバランスが最適です。
昨今の大阪スパイスカレ-を体現していますな。

ウマウマなスパイスカレーを堪能しました!!!
ご馳走様でした!!!m(_ _)m


久々にどストレートな王道的スパイスカレーをいただきました。
やはり今までの経験値という土台があるだけに、新店のレベルではないクオリティ。
初期の「カレー事情聴取」時代から培われた実績ですな。

定休日は日曜・祝日ですが、土曜日は不定期営業との事なので、行く時はSNS等で要チェケラ。
カレーが残っていれば、16:00以降も営業する事もあるそうなので、コチラも合わせて(^^)

しかしどんどんとカレー不毛の地が無くなって、大阪全体がカレー激戦区になってますね。
この勢いがまだまだ続きそうで楽しみ過ぎます(・∀・)


【Dish curry&relish(ディッシュ カレー&レリッシュ)】
ジャンル:スパイスカレー
電話:非公開
住所:大阪府大阪市中央区南船場1-6-16
交通手段:大阪メトロ長堀鶴見緑地線 松屋町駅から徒歩約8分
営業時間:11:30~16:00(売切れ次第終了)
定休日:日曜・祝日(土曜は不定期営業)
駐車場:無
サイト:facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。