『札幌スープカレー GLITTER』~素材の旨味の凝縮感!!本場札幌スタイルのスープカレー専門店が四ツ橋にOPEN☆~

   2018/09/10


大阪カレーシーンにおいて1つの課題とも言える問題。
それは「スープカレー不足」ではなかろうか。
スパイスカレーはは言うに及ばず、欧風・インド・ネパール・タイ・スリランカetc…様々なカレーが充実していますが、残念ながらスープカレーを扱うお店は数える程しかありません。

そんな深刻なスープカレー不足の大阪に、新たなお店が誕生しました!!!
いやーイイ感じでスープカレーの波が来てますかねー。
早速コチラ『札幌スープカレー GLITTER』に初訪問してきました!!!(^ω^)


大阪メトロ四つ橋線 四ツ橋駅の4番出口から西に進み、最初の十字路を左折。
またまた最初の十字路を今度は右折しますと、右手に店舗の看板が。
レストラン『ボクらのキッチン』と同じビルなんですねー。

店内はカウンター7席、テーブル10席のエエ塩梅なキャパ。
白を基調とした落ち着いた空間となっています。
オーナーシェフと思しき男性とスタッフ1名の2名体制で営業。


<カレーメニュー>
やわらかチキンのスープカレー 1,000円
とろとろ角煮のスープカレー 1,000円
たっぷり野菜のスープカレー 900円
季節のスープカレー ASK

<トッピング>
かぼちゃ/ブロッコリー/にんじん/なす/じゃがいも/れんこん/ピーマン/いんげん/フライドオニオン/ガーリックチップ 各+100円
いももち/ピザチーズ/モッツァレラチーズ/半熟味付け卵/マイタケ/納豆 各+150円
チキンレッグ/豚角煮 各+300円

カレーは3種類のレギュラーメニューに季節メニューが1種類。
そしてやはりスープカレーなだけあり、トッピングの数はガッツリ揃ってますね。

手順としては、カレー選択→辛さ選択→ライスの量選択→トッピングの有無といった流れ。
今回は「やわらかチキンのスープカレー」「6辛」「ライス並」「半熟味付け卵」でオーダー。


【やわらかチキンのスープカレー(6辛・半熟味付け卵)】1,150円

登場しましたカレーは、なるほど見る感じからも王道感に溢れたオーラを発しています。
半熟味付け卵が1.5玉という事は…これデフォで半玉付いてたやつかもですね(笑)

上からの1枚。
具材はチキンレッグ・人参・茄子・パプリカ・南瓜・いんげん・蓮根・キャベツetc…
オーソドックスな王道っぷりを発揮してる感じが本場感あります。


スープカレーはトマトの味わいが主体となった、所謂「トマト系スープカレー」
キュッと引き締まる酸味の中に、鶏の旨味と迸るスパイスの刺激がしっかりフィットしています。
辛さは6まで上げてみましたが、ほんのりヒリリとくる塩梅。
辛いもの好きならおそらく10辛でも大丈夫じゃないっすかねー。

ライスは良い感じで硬さを残した炊き具合。
白米の持つ甘味とスープカレーの酸味が良いバランス保ってます。
野菜類もしっかりと食感を残した中にも、カレーの味わいが沁みていて旨し!!


メイン具材のチキンレッグ様。
やはりスープカレーはチキンレッグがマストですねー。
スポンと骨が引っこ抜ける極上の柔らか煮込み具合。
ほろほろとした解ける様な食感は、素晴らしくカレーと馴染む一体感。

トマトの酸味がビシッと効いた王道のスープカレーで旨い!!!(^ω^)

キリッと爽快感のあるトマト系スープカレー。
シンプルさの中に光る実直さを感じさせる仕様は、大阪のスープカレーでも数少ないタイプ。
こういう王道感を持ったスープカレーもやっぱイイですね。

ウマウマな札幌スープカレーを堪能しました!!!
ご馳走様でした!!!m(_ _)m


四ツ橋駅近くと立地も申し分無く、夜営業も行っているコチラ。
使い勝手はかなーり良い感じなので、夜のカレー難民になった時には重宝しそうです。
「季節のスープカレー」で海鮮系も是非やってほしいですねー。

サクッとスープカレーが頂ける良いお店が誕生。
コチラはまた再訪して、今度は角煮もいただいてみたいですね(^^)
大阪スープカレーを盛り上げていってもらいたいものです。


【札幌スープカレー GLITTER(グリッター)】
ジャンル:スープカレー
電話:06-6556-7257
住所:大阪府大阪市西区北堀江1-9-9 CASA TAKEUCHI 2階
交通手段:大阪メトロ四つ橋線 四ツ橋駅から徒歩約5分
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)/17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:月曜日
駐車場:無
サイト:twitter

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。