『黒龍天神樓』~天満最強中華バルの旨辛ランチカレー☆~

 

黒龍天神樓1
大阪・天満エリアの人気中華バル『黒龍天神樓』
実に多彩なランチメニューを提供しておりますが、この日の日替わりメニューがなんとカレー。
facebook投稿画像の余りの旨辛っぷりに辛抱たまらなくなり、ランチタイムに無理矢理突撃してきました!!!


黒龍天神樓2 黒龍天神樓3
JR環状線 天満駅の南口から東へ徒歩約1分という好立地。
中国の下町を連想させる白黒の外観が雰囲気出ててますなー。
店頭には「本日の日替わり定食」メニュー看板が立てられております。
むむ~…「なにわ黒牛すじカレー」ですか(゚Д゚)
「なにわ黒牛」とは、黒毛和種の雌で子牛登記書(血統証明書)を有し、
大阪府内で肥育生産され、枝肉成績が3等級以上の牛肉の名称。
その高級牛のすじ肉を使用したカレー…エエヤンカイサアアアア!!!!(゚∀゚)

黒龍天神樓4 黒龍天神樓5
店内はカウンター席&テーブル席で、お1人様でも気兼ね無く利用できます。
中国風の装飾&シックなデザインでこいつぁ雰囲気ありますねー。
ランチタイムど真ん中やったもんでテーブル席はほぼ満席という人気っぷりでした。
奥の厨房では店主・黒川さんが調理に勤しんでられましたんで、
タイミングを見計らってご挨拶~。

黒龍天神樓6
サクッとカウンター席に着いてメニューを確認。
ま、この日は「なにわ黒牛すじカレー」って決めてたから確認だけなんだけど。
『黒龍天神樓』のランチはこんな感じ~。

<セット>
・麺セット(980円)
・豪華!!Dragonランチ(1,200円)
<定食>
・日替わり定食(750円)
・鶏の唐揚げ定食(780円)
・酢豚定食~黒酢仕立て~(780円)
・海老チリ定食(780円)
・麻婆豆腐定食(780円)
・チンジャオロース定食(780円)
<飯(サラダ・スープ付)>
・海老天玉子丼(700円)
・麻婆豆腐丼(700円)
・五目焼き飯(700円)
<麺>
・汁ビーフン(800円)
・坦々麺(800円)
・雲呑麺(レギュラー800円/ハーフ600円)

ぐぬぬぬぬ…この麺+ミニ丼が一度に食べられる「麺セット」…たまらなく魅力的じゃないすか。。。
しかしこの日のカレーは、この日しか食べられないかもしれないレアメニュー。
やはり初志貫徹で、日替わりの「なにわ黒牛すじカレー」をオーダーしゃーした!!!


【なにわ黒牛すじカレー(日替わり定食)】750円
黒龍天神樓7
カレー(おかず+ライス)・惣菜3品・サラダがセットになった、この日の日替わりランチ。
むむむ、これはまた懐かしさ漂うヴィジュアルじゃないっすか。
煮込んだ具がゴロゴロと入った、所謂「家カレー」と呼ばれるタイプのカレー。
かなーり久方ぶりのタイプなんで、これはなかなか期待値上がります☆

黒龍天神樓8 黒龍天神樓9
ルーは最初甘めの味わいが広がり、後に心地良い適度な辛さが追いかけてくる仕様。
スパイス感は程良く香るくらいで、ルーのベースの味わいや溶け込んだ具材の旨味がメイン。
牛すじから溶け出した脂が旨味の濃さをグッと高めていますねー。
各自が飛び抜けた主張をしてこない、味わいのバランスが取れた大変丸みのあるカレーですな。
日本人が慣れ親しんだ家庭の味を地でいく「ジャパニーズ・カレーライス」の王道的味わい。

これぞ日本のカレーで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

黒龍天神樓10
この日の惣菜は「茄子の煮つけ」「蒸し豚の黒酢ソース」「ポテトサラダ」の3品。
このお惣菜…どれも半端無く旨い!!!
「茄子の煮つけ」は、じゅわっと滲み出す醤油ベースの出汁が秀逸。
「蒸し豚の黒酢ソース」のむっちり感に黒酢の爽やかな酸味。
シンプルながら絶妙な味のバランスの「ポテトサラダ」。

どれもこれもものごっつ禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

流石は人気の中華バル、惣菜のレベルが凄まじく高いです。
これはディナータイムもむさくさ気になってくるじゃないデスカ。
主菜も副菜も大満足のカレーランチでありました☆


いんや~、カレーも然る事ながら、やっぱり中華のメニューがすんばらしーですな。
なんでもディナータイムには「咖喱麻婆豆腐」や「咖喱炒飯」といったカレーメニューもイケるとか!!
んむむ~…これは是非とも食事会企画するしかねーっすね☆
次回ランチは「麺セット」をチョイスしまくってみましょかね~(・ω・)


【黒龍天神樓】
ジャンル:中華料理
電話:06-6353-9614
住所:大阪府大阪市北区天神橋4-2-12
交通手段:JR環状線 天満駅から徒歩約1分
営業時間:11:30~14:30(月~土)/17:00~24:00
定休日:無休
駐車場:無
サイト:http://black-dragon9614.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。