『Island Field』~味わいの進化が止まらない!!天六スパイスバルが生み出す突発限定・大阪ドライカレー☆~

 

カレーチャーハン的なドライカレーと、無水カレー的なドライカレー。
その2つの特徴を併せ持った新感覚スタイル『大阪ドライカレー(別名ドライドライカレー)』は、各カレー屋が各々の表現方法で生み出す、様々な創造性が込められたジャンルとなっています。

今回紹介するのは、そんな大阪ドライカレーの提供を始めた一店。
天神橋筋六丁目の『Island Field(アイランドフィールド)』です。
スパイスとハーブを駆使した世界各国の様々料理やカレーを提供するこちら。
今回突発的に提供していたその逸品をいただきにお邪魔してきました!!!

大阪市北区天神橋6『Island Field』

各線「天神橋筋六丁目駅」の8番出口から、天神橋筋商店街を南下。
130m程先の左手にある細~い路地を抜けるとお店を発見できます。
緑色のテントが目印。

ランチも終わり際のギリギリCHOPな時間に突撃。
テーブル中心の店内は、全22席のイイ感じに使いやすいキャパシティ。
貸し切り対応も可能なので、ちょっとしたパーティーや飲み会にも最適です。
少しですがカウンター席もあるので、一人飲みにもバッチリ。

<本日のランチメニュー>
・しらすドライドライヒマカレー 1,100円
・野菜たっぷりカオマンガイ 800円


<トッピング>
・大盛り +100円
・スパイス半熟玉子 +100円
・スパイス卵黄 +100円
・ポークキーマ 200円
・フライドオニオン +50円
・炙りチーズ +100円


通常はスパイスカレーとハーブカレーが1種類ずつあるんですが、この日のカレーは限定の「しらすドライドライヒマカレー」の1択。
もちろんコレ目当てだったので無問題です。
今回はそこに「スパイス半熟玉子」をプラスしてオーダーしました。

【しらすドライドライヒマカレー(スパイス煮玉子付き)】1,200円

パラリと仕上がったドライカレーの上には、ほんのりウェットさを残すセミドライ式のドライキーマ。
ライスはバスマティ使用と、今までのドライカレーをあらゆる面で変化させています。
天辺にはトマト系のソースが掛かったスパイス半熟玉子が鎮座。

俯瞰からの眺め。
副菜はクスクスやラタトゥイユなど実に多国籍。
この辺りにもIsland Fieldらしさが感じられますね。

日間賀島産しらすたっぷりのドライキーマとパラパラドライカレー。
なるほど。日間賀=ヒマカレーって訳ですね。
バスマティ使用という事もあって、一般的なドライカレー…あ、カレーチャーハンの方ね。それよりも軽快さがアップしています。
フレッシュなスパイス感も手伝って、単体でも抜群に旨い。

そこにドライカレー…あ、無水キーマの方ね。そのグッとくる濃厚なしらすの旨味とパンチのある辛味&スパイスの存在感も相まって、非常にバランスの良い着地点を生み出しています。
これだけ重なれば濃く感じそうなものですが、流石の感覚っすね。
副菜類を混ぜていけば、また味わいのバリエーションは広がり、一皿で何度も美味しさを味わう事ができます。

セットのスープは、この日は温麺的な一杯。
出汁の旨味に香草の風味、おろし生姜の爽やかさが加わり、カレーの合間の箸休め的効果も。
セットにまでメインとの一体感を感じさせます。

素材感とスパイス感の融合によるドライドライっぷりで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)


突発限定で拵えたメニューとは思えない調律具合。
この辺りはやはり経験値の成せる業というやつでしょうか。
味の組み立てを完成から逆算できるタイプがいるそうですが、そういった才能なのかも。
夜のメニューも絶品揃いなので、また呑みに行きたいところです。

ウマウマな大阪ドライカレーを堪能しました!!!
ご馳走様でした!!!m(_ _)m

ドライドライは突発限定であるかも?!

今回お初だったこの「大阪ドライカレー」ですが、結構良い感触だったらしく、また突発で提供するかもしれません。
気になった方は、各SNSを要チェケラでお願いします。

新しい風を吹かせる「大阪ドライカレー」。
もっと色々なお店が独自のドライドライを生み出し、大阪カレーの新たな強みになれば良いなぁと思う次第。
まだまだ楽しく盛り上がりそうですね(^ω^)

店舗情報

【Island Field】
(アイランドフィールド)
ジャンル:スパイスカレー/多国籍料理
電話:06-6135-4800
住所:大阪府大阪市北区天神橋6-5-11 2F
交通手段:各線「天神橋筋六丁目駅」8番出口から徒歩2分
営業時間:11:30~14:00(金曜・土曜・日曜のみ)/18:00~24:00
定休日:月曜日
駐車場:無
サイト①:公式サイト
サイト②:Instagram
サイト③:Facebook

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。