『マガリー』~2015年ラストは鶏と海老の旨味爆発フュージョン☆~

 

マガリー(201512)01
2015年内のカレー屋挨拶回りへ(・ω・)
この日突撃してきましたんは、間借りカレーの中でもグイグイキテる話題沸騰店『マガリー』
まー最近は様々なカレーのスタイルが誕生しとります。
スパイスカレーと一言で言っても千差万別。
スパイス押しだったーり、旨味押しだったーり。
そんな中、こちら『マガリー』の推しはズバリ「鶏白湯」

おいおい…ちょいとお待ちよ中村姐さん(゚Д゚)

あーた、ラーメンじゃないんだからあーた(゚Д゚)

とか言いながら、その独自性・異端性に惹かれまくるのも事実。
27日の年内最終営業に突撃してきまった!!!


マガリー(201512)02
JR片町線 放出駅の南口から出て、前に通る道を左に進みます。
暫く進み橋を渡った所を左に進んで少しの所にあるレンタルサロン&レンタルスペース「ぱれっと」を発見。

マガリー(201512)03店前には外待ちができてるゴイスーっぷり(・ω・)
今や人気店の仲間入りやないのーヒューヒュー☆
ざっくり10数分程待ちまして入店~。

マガリー(201512)04
カウンターでややテンパり気味の姉御に挨拶かましてカウンターへ(・∀・)
この日のメニューは「海老檸檬白湯」「スリランカチキン 軟骨入り パリップ付き」の2種類。
「海老檸檬白湯」には+300円でスリチキパセットにできるお徳っぷりデス。
勿論白湯に恋焦がれてきたアテクシ、スリチキパもセットでオーダーしゃーした☆


【海老檸檬白湯(スリチキパ付)】1,300円
マガリー(201512)05
器の中心に盛られたターメリックライスの上には、4種の海老とレモンを使用したカレー。
そして周囲にはたっぷりの鶏白湯スープが注がれております!!!
カレーか?!カレーなのか?!
いや、これはやはりカレーなのでしょう。
新たなるカレーの世界に突入!!!

マガリー(201512)07 マガリー(201512)08
海老は北海道釧路産のスナエビ、浜中産の北海シマエビ&アミエビ、スリランカ産ウシエビを使用。
ガッツガツに利いた海老の旨味にスカッと爽快なレモンの風味。
強めの辛味もしっかりしていて、これだけでも十二分に旨いすねー。

マガリー(201512)09そこにこの鶏白湯スープ。
スープだけで飲んでみると、グワワ~っと凝縮された鶏の旨味が押し寄せまくってきます!!!
ひー、コレ麺ぶっ込んで食ったらむっさ旨いラーメンやないすか。
こやつをライス&カレーに合わせていただきますと…

ぶぼあああ!!!半端無い旨さがあああ!!!Σ(゚Д゚)

ものすげーす!!!ものすげーす!!!
鶏白湯の旨味と海老の旨味、2種類の旨味が見事にマッチした究極のフュージョン。
なんやおじや的な印象にしっかり攻めてくるスパイシーさ。
これカレーか?!カレーなんか?!

なんでもエエけど禿げウマアアアア!!!!Σ(゚Д゚)

マガリー(201512)10 マガリー(201512)13
「スリランカチキン 軟骨入り」は、正しくスリランカカレーのスッキリとした辛さのキレを体現。
肉厚な鶏肉とコリコリ食感の軟骨がエエ旨味引き出してますわ~☆

マガリー(201512)12 マガリー(201512)11
「パリップ」は一般的なとろみのある仕様ではなく、サラッとスープ状にしっかり形の残ったレンズ豆。
豆の甘味の他に、何か仄かに苦み走った味わいが響く、大人な感じの仕上がり具合すね。
コレなんかクセになる味やわ~。

どっちもしっかりスリランカンで禿げウマ!!!Σ(゚Д゚)

年末になって2015年の『マガリー』で1番のウマウマが出ました!!!
食べ切ってまうのが惜しくなる絶品のエビエビトリトリなオリジナルカレーを堪能。
ご馳走様でした!!!m(_ _)m


ちょっとあーた、天才じゃないのよあーた(゚Д゚)
元麺屋で働いていた経験値が、めたくた活かされまくったカレー様。
2015年を席巻したと言っても過言ではない「旨味押し」なカレーを地でいってますな!!!
この姐さん、まだまだ引出し持っとんちゃうん??隠し玉あんのちゃうん??

2016年も期待が止まらない『マガリー』節、またまたお邪魔させてもらいやす!!!(゚∀゚)


【マガリー】
ジャンル:スパイスカレー
電話:無
住所:大阪府大阪市城東区諏訪1-18
交通手段:JR片町線 放出駅から徒歩約5分
営業時間:11:30~14:30
定休日:水曜・日曜以外(詳しくは下記facebookページにて告知)
駐車場:無
サイト:https://twitter.com/ruibare

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。